2011年11月01日

山火事の救世主 泡の消火剤

山火事
Bubble.jpg

2011年8月9日
岡山県 石島が大規模な山火事が発生
島の9割が焼失した。

2011年

4月18日 中国 山東省 泰山で、大規模な森林火災
4月19日 アメリカテキサス州 大規模な山火事

5月15日 カナダ アルバータ州 
大規模山火事で10万ヘクタール焼失
スレイブレイク 町の建物の3分の1が焼失
6月9日 アメリカ アリゾナ州北東部などで大規模な山火事
     424戸焼失
8月23日 アメリカ バージニア州レート・ディズマル・スワンプ国立野生生物保護区
     大規模な山火事
9月6日 アメリカ テキサス州 大規模な山火事
     1000棟焼失、死者4人

2009年 オーストラリア
2010年 9月  ロシア 南西部のSamara州 大規模な山火事 
       500軒以上の家屋焼失
    記録的な山火事と泥炭火災

2011年 6月6日
ロシアの森林および泥炭地での火災面積は、先週末を終えた時点で、3万5千ヘクタールにまで拡大した

8月4日現在、西ロシアでは520ヶ所で火災が発生しており、中央ロシアではこの日までに48名が犠牲となり、2000名を越える人々が家を焼失。

シベリア・極東地域では2011年に8500ヶ所の森林火災を記録。これは29万ヘクタールの地域で発生しており、これは2010年比の2倍。

山火事の救世主
日本製の飛行艇
泡の消火剤
水よりも消火能力が高いうえ環境にも優しい。
消防に革命を起こした奇跡の泡

開発チームの中心
元北九州消防局長
山家桂一 58歳

阪神淡路大震災
水が確保できず消火ができなかった。

それをきっかけに
海外の泡の消火剤に注目
水は半分で済む
水より効率よく火を消す
Bubble6.jpg
水の場合 放水される9割が無駄になっている。
水は、表面張力によってほとんどが弾かれる。
消火に役立つのはわずか1割ほど

泡は弾かれることなくへばり付く
含まれる水分のほとんどが消火に効率よく使われ、酸素も遮断する。

しかし海外性の消火剤には化学合成物が使われていた。

地元、北九州のしゃぼん玉石けん
高橋道夫 専務 
北九州私立大学
上江洲 一也 教授の協力を得て
安全な泡の消火剤の開発をはじめる。
無添加で泡を作るのが難しい。

2006年
環境に優しい泡の消火剤が完成

実験で、解体予定の団地に火を放った。
使われた水は、従来の1/17
消防車17台分の水が一台で賄えることができる。
水が少ないため、下の階の浸水になる2次被害も救える。
泡は水より格段に軽いため、機動力も向上する。
Bubble3.jpg

この泡は、山火事には、対応出来ないでいた。
そこで、しゃぼん玉石けん高橋道夫 専務 
北九州私立大学 上江洲 一也 教授は、
山火事でも威力を発揮できる泡の開発を始める。

山火事を食い止めるためには、延焼を防ぐ必要があり泡のままより長い時間残らなければならない。

天然の糖類を加え 粘性・持続性の高い泡の消火剤が完成。
救難飛行艇US2 からの空中散布で消化能力が高いことが証明された。
Bubble2.jpg
posted by 元気日本 at 17:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

世界に誇る東京水

世界に誇る東京水

東京の水道水をペットボトルで販売

東京は浄水から下水まで水事業を世界に売り込もうとしている

ビジネスチャンス

フランスの水事業会社 メジャー
ヴェオリア社

日本にも進出

埼玉県、千葉県、広島市の下水道

福岡県大牟田市、熊本県荒尾市、静岡県島田市の上水道


上下水道は自治体がやるものと思われているが、
民営化の流れが加速している。

ヴェオリア社は日本を始め中国、アジアの市場を狙っている。

そこに名乗りを上げたのは東京都

東京の水道水は美味しい
その技術を世界へ売り出そうとしている。

東京で水の国際会議が開かれた。
石原都知事は東京都の水道技術をアピール

各国の記者に、東京都の水と、海外のミネラルウォーターを飲み比べて貰うと

東京の水道水をミネラルウォーターとだと思う方のほうが多かった。
water.jpg


各国の代表者、記者は東村山浄水場を見学
water1.jpg
泡だらけの貯水槽に興味深々
カビの匂いなどを取り除くオゾンの泡

東京都 猪瀬直樹 副知事
「インドネシア、マレーシア、ベトナム、インド、モルディブ、フィリピンにも売り込みます」
water2.jpg
これらの国の水道事情は悪い。
マレーシアでは漏水、盗水の割合が40%
東京はわずか3% 世界最高水準

マレーシアは水道水が汚いので各家庭は高額な浄水器を設置しているところが多い。

東京都 猪瀬直樹 副知事
「東京都は、10年前からアジア、アフリカ諸国から研修生を受け入れている。
彼らが現在、各国でそれなりの地位に就いている。」
彼らが、日本の水道水をいいイメージを持っているので
フランスのメジャー相手にも勝算はある。

水ビジネスの日本の成長の起爆剤にしようと
官民が動いている。
posted by 元気日本 at 21:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。